けんぞーのショートショート

けんぞー作のショートショートを掲載します

危険なカノジョ

日曜の午前十時頃。俺は海沿いの道を車で走っていた

 半年前にディーラーで一目惚れした真っ赤なオープンカー

 季節は春。幌を開けて走るには気持ちよすぎる気候だ

 「今日はいい天気ね」

 エリカが声を掛けてきた

 俺はハンドルを握りながら答えた

 「そうだな。絶好のドライブ日和だ」

 そう応えながら俺はアクセルを踏みスピードを上げた

 すると、対向車線から軽自動車が走ってきた。カラーは真っ白。ちょいと運転席を見てみると、清楚という言葉が似合いそうな可愛い女の子だった

 「ちょっと、いまあの車の女の人見てたでしょ」

 「いいじゃないか、少しくらい」

 「よくないわよ。私がいるじゃないの」

 「なんだよ妬いてんのかよ。面倒くせーなー」

 「ひどい!あなた、初めて会った時に私の事ずっと離さないって言ったじゃない」

 「これとそれとは話が別だろ。少し黙れよ」

 「なによ、この浮気男!」

 面倒くさくなった俺は無視を決め込んだがあまりにうるさいので黙らせようとしたその時、ハンドルが右に切れて車体が対向車線にはみ出してしまった

 「おい、よせ!!」

 急いでハンドルを左に切ろうとしたその瞬間、目の前に大型のトラックが迫ってきていた
「夕方のニュースです。今日午前十時半頃、片側一車線の海沿いの道路で、乗用車とトラックが正面衝突する事故が起きました。この事故で乗用車を運転していた麻生タカシさんが全身を強く打ち搬送先の病院で死亡が確認されました

事故が起きた道路は片側一車線の見通しの良い道路で、トラックの運転手によると、タカシさんの車が急に反対車線にはみ出してきて避けきれなかったと供述していることから、警察は事故の原因を慎重に調べています

また、麻生さんが運転していた乗用車は、感情を持つAIが搭載されている自動車『ERIKA』で、専門家の話によりますと、タカシさんと自動車がなんらかのトラブルとなり、ERIKAがタカシさんを殺害する目的で対向車線にはみ出したのではと推測しています。以上、夕方のニュースでした」